なぜ安いウクレレを選んではダメなの?では一体どんなウクレレを選べばよい?:自宅でできる!ウクレレ講座

自宅でも簡単にはじめられるウクレレ講座をご紹介。
楽器が初めての初心者におすすめの講座です。

なぜ安いウクレレを選んではダメなの?では一体どんなウクレレを選べばよい?



ウクレレをはじめたいと考えたときに、当然必要となるのがウクレレ。

楽器って高いイメージがありますが、ウクレレってかなり手ごろな価格から販売されているんですよね。

なのでなかにはお金をかけたくないから、また最初だからという理由で、ものすごく安いウクレレを買う人もいます。

ただウクレレって、楽器として弾いていきたいのなら安すぎるものはおすすめできません。

今回はその理由についてお話しします。




安いウクレレがダメだといわれる理由



ウクレレを始める際に、あまりに安すぎるウクレレがダメだといわれるのは「音程があわない」「すぐに音がずれる」「微妙にブリッジや各部品の位置がずれている」「音の響きが良くない」..etc..なんてことが結構あるからです。



安いウクレレといっても人によってそのお値段は異なりますが、1万円を切ると安い部類になるでしょうか。

例えば3〜4000円の格安ウクレレだと、それはもう楽器ではなくおもちゃというレベルの代物であることが多いです。

といっても、ちゃんと弦も張っていますしウクレレの形もしていますから、見た目にはまあちゃんとしているようには見えるかもしれません。

音だってきちんと出ます。

なのでそれで弾けないかというとそんなことはありませんが、まともに弾けなくてストレスがたまるウクレレもあるんですよね。

・最初から微妙に音程がおかしい気がする
・チューニングしてもすぐに音がずれる
・音が悪い


まともな音が出なかったり音が良くないと、弾いていて気分が悪いですし、チューニングしても音が合わせられないなんてもはや楽器としては利用価値がないのではないでしょうか。

絶対にとは言いませんが、安いウクレレほど上記のような粗悪品にあたる確率が高いため、安物のウクレレは買わないようにといわれているんですね。




よほど粗悪品でなければ本人の気持ち次第ではある



安いウクレレはよくないといいますが、そもそもウクレレを初めて触る方の場合、多少音が悪くても部品の位置がずれていたとしても、そういうものなのだと思ってしまうこともあるかもしれません。

さすがに、音が狂っていたら気づくと思いますが、ちょっと音が詰まって聞こえる程度であれば多分初心者にはわかりません。

そのウクレレの状態に不満がなく、おおむね満足できる使い心地なのであれば安いウクレレでも悪くないかもしれません。

結局、ウクレレを弾くことって自己満足でもあるので、自分が納得できていればそれでよいんです。



とはいえ、実際にウクレレを買って使ってみなくては状態がわからない以上、安いウクレレを買うのは一種の「賭け」でもあります。

値段の割にそこそこ使いものになるかもしれませんし、粗悪品で使い物にならないために、再度ウクレレを買いなおさなくてはならない場合もあるでしょう。

買い直す羽目になるかもしれないのなら、最初からそこそこのウクレレを買っていたほうが、時間も手間も余計なコストも抑えられます。



ウクレレにコストをある程度かけられる人で、いろんなウクレレを試してみたい…なんて場合には、安いウクレレは面白いものではあります。

ただ1本買ったら当分買い直すつもりはないなんて場合は、最初からある程度の値段のウクレレを買いましょう。

ちゃんとしたものだと長持ちしやすいので、結果的にコスパが良いです。




安物はダメ、でも高価なウクレレを買う必要はない



楽器として使うのなら、安物のウクレレはおすすめできません。
とはいえ、高価なウクレレを買う必要もありません。



ウクレレはちょっと良いものだと4万5万、さらには10万を超える製品もザラにあります。

予算に余裕があるのなら、いきなり高いウクレレを買ってみても良いとは思いますが、そうではない人が大半ですよね?

ウクレレを始めたばかりの初心者だと、まだ正しいウクレレの使い方を知らなかったり、メンテナンスをうまくできないことも多いです。

ウクレレを上手く使いこなすことができない可能性が高いですし、ひょっとすると扱いが悪くてウクレレを傷つけてしまうかもしれません。



なので最初のうちは高すぎず、
そこそこのお値段のウクレレを選んだ方が安全だと思います。

具体的なお値段でいうと、1万〜1万5千円以上くらいのウクレレを選ぶのが理想です。

慣れてきたら他のウクレレも試してみたくなるでしょうから、その時にちょっと良いものを選ぶようにした方が無駄がないのではないでしょうか。




どんなウクレレを選べばよいのかまったくわからない



安物はダメ、そこそこの値段のものが良いと聞いたのでネットを見てみたけれど、何を選べばよいのかが余計にわからなくなってしまった。

なんて方もいると思います。

サイズやメーカーなど人によって好みはさまざまなので、どれが一概に良いとは言えませんが、例を挙げると…

ELVIS エルビス 憧れのハワイアンコア材 ソプラノ ウクレレ K100S【歯切れの良い音色】【初心者セット8点:エスニック風ケース・安心の3年保証・チューナー・教則本・ コードチャート・ピック・ストラップ・ポリシングクロース】

新品価格
¥10,980から
(2019/8/29 09:30時点)



【初心者8点セット!】Aostinオースティン・UMI-1C Pro・コンサートウクレレ・カッタウェイ仕様/コンター加工・マホガニー材【安心の3年保証】【付属品8点セット:国内保証書・チューナー・厳選11曲の教則本・コードチャート・ピック・ストラップ・ポリシングクロース・ソフトケース】UMI-1C Pro

新品価格
¥10,980から
(2019/8/29 09:32時点)



上がソプラノで、下がコンサートと呼ばれる種類のウクレレです。
体や手が小さい人には小型のソプラノが向いています。

お値段が手頃であるのにもかかわらず、チューナーなどの必要なものが付属しているため、あれこれ買わずに済んでお得です。




あとウクレレと、ウクレレのDVD講座がセットになった商品もあります。

以下は、当サイトで良くご紹介させていただいているウクレレ講座なのですが、講座の教材に加えてウクレレや、メンテナンスに必要な道具が全てセットになっているんです。



ウクレレを始めるにあたってなにも揃えなくても良いので、楽ちんです。

ウクレレを一通り学べる講座のセットであるため、その分コストが高めではありますが、教室に通うのと同等の内容を学べるのにもかかわらず、教室へ一定期間通うよりも全然安いです。

ウクレレを手に入れてから教室に通おうかななんて考えているのなら、ウクレレがセットになったこの講座を検討されてみてはいかがでしょうか?




講座のみで楽器なしの商品もあります。
すでにウクレレをお持ちの方は、こちらをお選びください。








関連記事

サイトについて


    ウクレレを弾き始めて数年の管理人が運営する、ウクレレの情報サイトです。

    これからウクレレをはじめたいと考えている楽器初心者の方に、お役に立てる情報を掲載していきます。
運営者情報