初心者のウクレレ まず揃えるべき道具について解説:自宅でできる!ウクレレ講座

自宅でも簡単にはじめられるウクレレ講座をご紹介。
楽器が初めての初心者におすすめの講座です。

初心者のウクレレ まず揃えるべき道具について解説



これからウクレレをはじめよう。
なんて人、おられると思います。

初心者がウクレレを始める場合、当然ですがウクレレ本体に加えて、その他にもいくつかの道具が必要になります。

ウクレレを弾きたい!と、ウクレレ本体だけ勢いで買ってしまう人がいるのですが、そうなるとあとから他の道具を買い足さなくてはならず、面倒です。

今回は、揃えておいた方が良いひととおりの道具について説明します。




ウクレレを弾くのに揃えておいた方が良いもの



ウクレレを弾くにあたって、揃えておいた方が良いものは以下の通り。

・ウクレレ本体
・ウクレレケース
・ウクレレチューナー


かなり少なく思えますが、正直言って最初はこれらだけあればOKです。

ケースは外にウクレレを持って出ないなら必要ありませんが、ウクレレを買ったときにソフトケースがついていることが多いです。

といってもフニャフニャの頼りないケースであることがほとんどなので、もし頻繁にウクレレを持って外出するなら耐久性のあるケースを別途用意した方が良いでしょう。



あとチューナーですが、実はチューナーはスマートフォンのアプリでも同等の機能を持つものがあるので、絶対に買わなくてはならないかというとそんな事はありません。

スマートフォンを使い慣れている人は、それで十分です。

【チューナーアプリの例】
iOS: GuitarTuna: ギターチューナー
Android: Guitar Tuna


まあでも、チューナー自体がそれほど高くはないものなので、アプリだとちょっと…なんて人は持っておいてもよいと思います。

とりあえず、ウクレレを始めるなら上記は揃えましょう。




あとから買い足すもの

次に、ウクレレを始めた当初は必要ないけれどあとから必要となるものについて。

・替えの弦


ウクレレの弦は消耗品です。
使い続けるなら、いつかは弦を交換しなくてはなりません。



交換の頻度はウクレレの使い方にもよりますが、早くて3〜4ヶ月に1回くらいでしょうか。

弦が切れることがあり、その時にも交換しなくてはなりませんが、私は切れた経験は一度もありません。

ネック側の弦(弦の裏側)がなんとなくザラザラした感じになってきたら、そろそろ交換時期です。



先に買っておいてもよいのですが、弦は種類(ナイロン弦、フロロカーボン弦、ナイルガット弦、太さも違う)によって音や見た目が変わります。

Aquila アクィーラ テナーウクレレ用弦 Low-Gタイプ 76センチメートル 4弦巻線 AQ-TLW 15U

新品価格
¥1,419から
(2019/8/30 11:49時点)



自分が使いたい弦を買うためにも、替えを買うのは多少なりともウクレレの事がわかってきてからの方が良いのではと思います。

ウクレレと同時に買うなら、ウクレレで使っているものと同じタイプを買っておけばよいでしょう。




ウクレレを弾くのにあると便利なもの

ウクレレを弾くのに絶対に必要ではないけれど、ある便利なものについて。

・カポタスト
・ウクレレクロス
・楽譜用のスタンド
・ストラップ



カポタストとは、ウクレレの弦を押さえることでキーを瞬時に変えることができる道具です。



例えば、押さえるのが難しいコード(フラットやシャープが付くキーなど)を多用する曲は、当たり前ですが弾くのが大変です。

しかしカポタストを使って移調することでコードを変えれば、より簡単に弾くことができるようになるんです。

BestSounds ウクレレ用カポタスト ソプラノ 、コンサート用カポ ワンタッチ 長期品質保証 かわいいカポタスト ukulele capo ウールピック付き(ローズゴールド)

新品価格
¥790から
(2019/8/30 12:01時点)



全く使わないという人もいますが、使うと結構便利なものですので、ひとつくらい持っていても良いと思います。



あとウクレレクロスは、ウクレレを拭くための柔らかいクロスです。

ウクレレの色や素材によっては指紋汚れが目立ったりする場合もあるので、あると便利だと思います。

また楽譜用のスタンドも、本を見ながら練習する人にはあったほうが絶対便利です。というか、ないと不便です。

楽譜用…と書いていますが、普通のブックスタンド(書見台)でOK。



最後にストラップについて。

ウクレレ用のストラップとは、ウクレレ本体を持って演奏する場合に、ウクレレのボディを落とさないように支えるためのものです。

椅子に座って弾く時にはあまり必要ありませんが、ウクレレのサイズが大きかったり重かったり、また立って演奏をするようなときにはウクレレの落下防止となるため、ストラップを使った方が良いです。

必要かどうかは環境によるといえるでしょうか。




アクセサリーは、ウクレレとセットで買うのが安くて便利

ここまでウクレレを弾くのに必要なもの、あったら便利なものなどいろいろ説明しましたが、正直ってひとつひとつ揃えると手間がかかりますし、コストが高くなりやすいです。

多くのウクレレメーカーでは、これからウクレレをはじめようという初心者向けに「ウクレレ本体と必要な道具のセット」を販売しているので、そちらを買い求めた方が無駄がないでしょう。

【初心者8点セット!】Aostinオースティン・UMI-1C Pro・コンサートウクレレ・カッタウェイ仕様/コンター加工・マホガニー材【安心の3年保証】【付属品8点セット:国内保証書・チューナー・厳選11曲の教則本・コードチャート・ピック・ストラップ・ポリシングクロース・ソフトケース】UMI-1C Pro

新品価格
¥10,980から
(2019/8/30 12:13時点)


ELVIS エルビス ウクレレ コンサートサイズ マホガニー材 バインディング 高級エスニック風ケース付き (国内保証書・チューナー・教則本・コードチャート・ギグバッグなど8点セット)

新品価格
¥10,980から
(2019/8/30 12:15時点)


セットだと必要でないものまで含まれていることがあるため、一見無駄に思えるかもしれませんが、バラバラに買うよりも安くあがることがほとんどなのですよね。

必要なものがたくさんあって面倒!なんて人は、セット商品から選んでみてください。




ついでに教材も欲しいという人には…

ウクレレを買うついでに、ウクレレが学べる良い教材も揃えたいという人には、「古川先生のウクレレDVD講座&ウクレレ本体のセット」もおすすめです。

ウクレレの基礎から応用までを学べるDVD講座の教材に、ウクレレ本体や、ウクレレに必要なアクセサリーが全てセットになっています。



講座の内容については、ウクレレのプロである古川先生がDVD講座を通してレッスンしてくれるというもので、独学というよりは教室に通っている感覚で学ぶことができます。

ウクレレの練習の仕方がわからない、またウクレレを買ったら教室へ通おうかな…なんて考えている方には、とても便利なセットです。

レッスン内容については、以下のページで詳細をご覧ください。








関連記事

サイトについて


    ウクレレを弾き始めて数年の管理人が運営する、ウクレレの情報サイトです。

    これからウクレレをはじめたいと考えている楽器初心者の方に、お役に立てる情報を掲載していきます。
運営者情報